二日酔い > 二日酔い シャワー > Q.ぬるめのお風呂や温めのシャワーが二日酔いの頭痛解消に効くか教えて下さい。

スポンサードリンク


Q.ぬるめのお風呂や温めのシャワーが二日酔いの頭痛解消に効くか教えて下さい。

Q.ぬるめのお風呂や温めのシャワーが二日酔いの頭痛解消に効くか教えて下さい。


ぬるめのシャワーが二日酔いに効く理由

二日酔いの解消のためには、大量の水分を飲み、温めのシャワーを浴びて、腎臓を活性化させ、アルデヒドの排尿による排出を促進することが大事になります。二日酔い解消の流れは以下の通りです。また、二日酔いに効くツボがあるので、シャワーを浴びながら押してみるのもいいと思われます。

(1)ぬるめのシャワーを浴びる
(2)体全体が温まり、腎臓の活動が活発になる
  ※ アセトアルデヒドは汗よりも尿から多く排出される
(3)アセトアルデヒドが腎臓で濾過され、水分と共に排出される

熱いお風呂とサウナは大変危険

飲酒後のサウナと熱いお風呂は、脱水症状でアルコールが分解されにくくなり、逆効果になったり、心臓に負担がかかり、脳卒中やそのほかの病気の引き金になり、最悪、命にかかわります。十分に気をつけてください。

□アルコールを飲む(飲酒する)

(1)血管がアルコールの作用によって拡張する
(2)血管が拡張し、血圧が低下する
(3)血圧低下を補う形で心拍数が上がる(動悸がする)
(4)心拍数が上がり、★心臓に負担がかかっている
(5)アルコールの利尿作用により軽い脱水症状になり、★血液がドロドロになり血管が詰まり易くなる

□熱いお風呂(42度以上)やサウナに入る

(6)発汗作用で(汗をかき)、脱水症状が進む
(7)血液の全体量が少なくなり血圧が下がる

(8)皮膚表面の温度は急激に上昇する
(9)交感神経の緊張が高まる
(10)皮膚は血管を収縮させ、体に熱を入れないように反応する
(11)血管が収縮すると血液の流れが悪くなる
(12)心臓に負担がかかったり、一時的に血圧が上昇する
(13)★脳卒中につながる場合がある

□長時間入る

(14)熱さに慣れると交感神経の緊張がおさまる
(15)血管が拡張し、血圧は下がる(脳への血液の循環量は減少する)
(16)お湯やサウナから上がると血圧が一気に急降下する(約50mmhg程度)
(17)★急激な変化に心臓や脳がついていけず、突然死につながる場合がある


「二日酔い シャワー」に関する記事一覧

Copyright(c) 1982-2013 Hangover Prevention Promotion Conference All Rights Reserved.