二日酔い > 二日酔い ツボ > Q.二日酔いの頭痛吐き気に効くツボを教えて下さい。

スポンサードリンク


Q.二日酔いの頭痛吐き気に効くツボを教えて下さい。

Q.二日酔いの頭痛吐き気に効くツボを教えて下さい。


二日酔いの頭痛、吐き気、胸焼け。少しでも早く、つらい二日酔いを解消するため、二日酔いの症状改善に効果のあるツボを刺激して二日酔いを乗り切りましょう。

期門(きもん)~肝臓に効くツボ~

(1)場所
両乳首の真下へ下がった線と肋骨の下が交わる境目にあります。
(2)押し方
押すのは右の「期門」だけになります。
右の「期門」に両手の人さし指、中指、薬指、小指を重ねてあて、そのまま上体を倒して刺激します。
両手の付け根で押すように20~30回程度揉み、刺激すると効果的です。
飲む前にツボを刺激すれば、二日酔いや悪酔いの予防にもなります。



巨闕(こけつ)~頭痛吐き気に効くツボ~

(1)場所
体の中心線上で、みぞおちの中央の上にある骨から指の横幅2~3本分下にあります。
(2)押し方
仰向けになり寝た状態で、指や手のひらを広くあてて、そっとゆっくりと圧力をかけ、指圧します。






合谷(ごうこく)~頭痛吐き気に効くツボ~

(1)場所
手の親指と人差し指の付け根の間にあります。
(2)押し方
強く押す。
※ 二日酔いによる吐き気や気分の悪さだけでなく、頭痛、腹痛、下痢、便秘など、幅広い症状に効くツボです。






内関(ないかん)~頭痛吐き気に効くツボ~

(1)場所
手の平を上に向け、手首のしわの中央の、手首の下で、指2~3本分の位置にあります。
拳を握ると浮き出る2本の筋のちょうど間にあります。
(2)押し方
やや強めの指圧を断続的に行うことで、二日酔いによる吐き気を緩和します。
※ 二日酔いによる吐き気を緩和し、乗り物酔いにも効果があります。




健理三針区(けんりさんしんく)~肝臓に効くツボ~

(1)場所
手のひらの中央、やや手首寄り。
(2)押し方
親指で強く押し揉むか、つまようじを5~10本ぐらい輪ゴムや紐でまとめて、「健理三針区」が少し赤くなるまで軽く連打します。両手とも行います。






足の三里(あしのさんり)~胃腸に効くツボ~

(1)場所
膝の下ある脛骨上部のでっぱりから指の横幅3本分下、脛のすぐ外側2~3cm部分、膝の皿の下、靭帯の外側にあるくぼみから指4本分の場所にあります。
強く押すと、足の指先まで痺れる部分です。
(2)押し方
強く押す。
※ 腹痛、下痢、嘔吐など胃腸の不調に効果があります。



太衝(たいしょう)~肝臓に効くツボ~

(1)場所
足の甲で足の親指と人差し指の骨が接合する部分(間)、2つの指の筋が交わるところの少し前にあります。
2本の骨の間を足首に向けて指で押していき、とても痛い場所が太衝です。
(2)押し方
右足の太衝を指の腹でぐっと押さえて刺激します。二日酔いの日でなくても押すと痛みを感じます。




百会(ひゃくえ)~頭痛に効くツボ~

(1)場所
頭のてっぺんで、左右の耳を結んだ線と体の中心線の交わる部分にあります。
(2)押し方
指を曲げて関節の部分で強く圧力を掛けます。








肝臓帯~肝臓に効くツボ~

(1)場所
耳の中央を走る軟骨のやや下あたりにあります。
(2)押し方
耳のツボは小さいため、指先で押す以外に、爪楊枝やペンの先で押して刺激します。


「二日酔い ツボ」に関する記事一覧

Copyright(c) 1982-2013 Hangover Prevention Promotion Conference All Rights Reserved.