二日酔い > 未分類 > Q.オリーブオイルが二日酔い対策に効く理由を教えて下さい。

スポンサードリンク


Q.オリーブオイルが二日酔い対策に効く理由を教えて下さい。

Q.オリーブオイルが二日酔い対策に効く理由を教えて下さい。


空腹でアルコールを飲んだ場合、胃や腸から吸収されるアルコールの量が多くなり、より早く吸収されてしまいます。
その結果、血中アルコール濃度のピークが早まり、二日酔いや気分が悪くなる原因となってしまいます。

尚、オリーブオイルを飲酒の前に取っておけば、オリーブオイルに含まれている脂肪は、胃の中でほとんど消化吸収されず、その下にある十二指腸で消化されるため、胃でのアルコール吸収を大幅に防ぎ、二日酔いの防止となります。

Q.ぬるめのお風呂や温めのシャワーが二日酔いの頭痛解消に効くか教えて下さい。

Q.ぬるめのお風呂や温めのシャワーが二日酔いの頭痛解消に効くか教えて下さい。


ぬるめのシャワーが二日酔いに効く理由

二日酔いの解消のためには、大量の水分を飲み、温めのシャワーを浴びて、腎臓を活性化させ、アルデヒドの排尿による排出を促進することが大事になります。二日酔い解消の流れは以下の通りです。また、二日酔いに効くツボがあるので、シャワーを浴びながら押してみるのもいいと思われます。

(1)ぬるめのシャワーを浴びる
(2)体全体が温まり、腎臓の活動が活発になる
  ※ アセトアルデヒドは汗よりも尿から多く排出される
(3)アセトアルデヒドが腎臓で濾過され、水分と共に排出される

熱いお風呂とサウナは大変危険

飲酒後のサウナと熱いお風呂は、脱水症状でアルコールが分解されにくくなり、逆効果になったり、心臓に負担がかかり、脳卒中やそのほかの病気の引き金になり、最悪、命にかかわります。十分に気をつけてください。

□アルコールを飲む(飲酒する)

(1)血管がアルコールの作用によって拡張する
(2)血管が拡張し、血圧が低下する
(3)血圧低下を補う形で心拍数が上がる(動悸がする)
(4)心拍数が上がり、★心臓に負担がかかっている
(5)アルコールの利尿作用により軽い脱水症状になり、★血液がドロドロになり血管が詰まり易くなる

□熱いお風呂(42度以上)やサウナに入る

(6)発汗作用で(汗をかき)、脱水症状が進む
(7)血液の全体量が少なくなり血圧が下がる

(8)皮膚表面の温度は急激に上昇する
(9)交感神経の緊張が高まる
(10)皮膚は血管を収縮させ、体に熱を入れないように反応する
(11)血管が収縮すると血液の流れが悪くなる
(12)心臓に負担がかかったり、一時的に血圧が上昇する
(13)★脳卒中につながる場合がある

□長時間入る

(14)熱さに慣れると交感神経の緊張がおさまる
(15)血管が拡張し、血圧は下がる(脳への血液の循環量は減少する)
(16)お湯やサウナから上がると血圧が一気に急降下する(約50mmhg程度)
(17)★急激な変化に心臓や脳がついていけず、突然死につながる場合がある

Q.ヘパリーゼの二日酔い予防効果を教えて下さい。

Q.ヘパリーゼの二日酔い予防効果を教えて下さい。


ヘパリーゼとは

「ヘパリーゼ」は、ゼリア新薬工業から製造販売されている、「肝臓」に作用して滋養強壮効果を発揮する、ウコンと並んで注目されている二日酔い向けドリンクや錠剤サプリメント商品で、ドリンク剤と錠剤があります。
ウコンは「ハーブ」や「漢方」という植物系由来であるのに対し、ヘパリーゼは動物系由来の薬品で「肝臓水解物」が原料となっています。尚、ヘパリーゼにもウコンが入ってます。二日酔いの予防・回復や悪酔いを防ぐなどの目的で飲用されています。
また、「ヘパリーゼ」という名称は、主要成分である「肝臓水解物」から、ギリシャ語の「肝臓 (Hepar)」 と英語の「分解する (Lise)」を組み合わせた「肝臓を分解したもの (Heparlyse)」という造語になります。

ヘパリーゼの飲むタイミング

ヘパリーゼは、少し多め~大量にお酒を飲む「直前」に服用すると、悪酔い防止にも良いようです。ウコンはお酒を飲んだ後に服用するといいでしょう。しかしながら、いずれも、決まったものは特にないため、ヘパリーゼとウコンを飲み比べて、自分の体質にあった方を上手に愛用していくことが望まれます。尚、ヘパリーゼは滋養強壮にも効果があるようです。

ヘパリーゼの効能・効果と二日酔い予防に効く4つの主成分

ヘパリーゼの効能は、滋養強壮、胃腸障害・栄養障害・病中病後・肉体疲労・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給、虚弱体質になります。また、二日酔い予防に効果のある4つの主成分を以下でご紹介いたします。

肝臓水解物

肝臓水解物とは哺乳動物の新鮮なレバー(肝臓)を消化吸収しやすいように消化酵素でアミノ酸やペプチドのレベルまで加水分解したものが肝臓水解物です。肝臓の新陳代謝を活発にし、複数の成分の作用により、肝細胞を保護し再生を促進、肝機能を強化し、アセトアルデヒドの分解に寄与しています。
お酒を飲むと、そのお酒を処理するために、肝臓は過酷な仕事をし、猛スピードで生まれ変わろうとしています。その時に必要になるのが、アミノ酸です。
肝臓水解物には、必須アミノ酸8種類を含む18種類以上のアミノ酸、タンパク質合成に必要な核酸の合成材料なども含まれているため、肝臓細胞の再生を効率よくサポートし、肝臓の仕事を早くする役割を持っています。
このアミノ酸の中でも二日酔いに有益なのはアラニン、グルタミン、メチオニン、トリプトファンになります。
アラニンは、しじみにも含まれており、アセトアルデヒドの分解に寄与します。
メチオニンは、Lシステインの元となり、肝臓の毒素や老廃物の排除、代謝を促進し、二日酔いを予防する働きがあります。
トリプトファンは、睡眠に影響を与える栄養素で、二日酔いの睡眠障害を緩和する効果があります。
マウスを使った実験でも、肝臓水解物の滋養強壮効果とアルコールの解毒作用を促す効果は確認されています。

ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン

ビタミンB15(水溶性)とも呼ばれ、肝臓のタンパク質の合成を高めて、肝臓の働きをサポートしたり、傷ついた肝臓そのものの再生を促す効果があります。
慢性肝炎に用いた場合、肝機能値が改善することも確かめられています。
飲酒後の肉体疲労に効果があり、エスカップやリゲインなど栄養ドリンクに含まれることが多い成分です。
ビタミンB15を多く含む食品には、あんず、穀物の皮、ビール酵母、玄米、かぼちゃやリンゴの種、ごまなどがあります。

ゴミシ(五味子)

肝臓の働きをサポートし、体の水分代謝を正常にする働きもあるため、二日酔いで下痢になりやすい人の予防にもなります。

コンドロイチン硫酸ナトリウム

軟骨、血管壁、その他の結合組織に含まれ、動物体に広く含まれている。
クジラ、サメの軟骨、海藻類や山芋に多く含まれる栄養素です。
効果は多岐に渡りますが、二日酔いに対する効果としては、疲労やだるさの改善に効果を発揮します。
コンドロイチン硫酸ナトリウム以外で疲労やだるさを伴う二日酔い対策には、梅干しなどのクエン酸が効果的です。

その他ヘパリーゼ関連ワード

ヘパリーゼ 副作用
ヘパリーゼ 効果
ヘパリーゼ ドリンク
ヘパリーゼ 飲むタイミング
ヘパリーゼ ウコン
二日酔い ハイチオールC
ウコン(クルクミンがアルコール分解に役立つ)
ヘパリーゼゴールド 錠剤
ヘパリーゼプラス
ヘパリーゼW(肝臓エキスとウコンエキスがダブルで含まれている)
新ヘパリーゼドリンク(翌日の疲労や下痢予防の効果)
新ヘパリーゼプラス

Q.肝臓水解物(肝臓加水分解物)とは何か教えて下さい。

Q.肝臓水解物(肝臓加水分解物)とは何か教えて下さい。


肝臓水解物とは

肝臓水解物(かんぞうすいかいぶつ)(英語:liverhydrolysate)は、ウシやブタなどの哺乳動物の肝臓(レバー)を消化吸収しやすいように消化酵素(たんぱく質分解酵素)を加え、加水分解したもので、粉末の医薬品原材料になります。
アミノ酸や複数のアミノ酸が結合してできたペプチドを多く含み、所謂アミノ酸を凝縮したものになります。

肝臓水解物の二日酔いへの効果

肝臓の肝臓の新陳代謝を活発にする働きを助け、滋養強壮効果を発揮し、飲酒時における体内の二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを早く酸化し、その代謝を促進することから、二日酔いの症状の軽減や早期回復を目的とした医薬品やサプリメントに使用されています。そのほか、滋養強壮薬や医療用医薬品として慢性肝疾患の効能効果が認められています。

二日酔い以外にも、疲れやすい、だるい、貧血ぎみの人の体調を整えたり、脂肪燃焼や美肌を保つ効能、滋養強壮、胃腸障害・栄養障害・病中病後・肉体疲労・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給、虚弱体質などの効果もあると言われています。

肝臓加水分解物を主成分とする医薬品名

レナルチン(イセイ)
レバイデン(東邦新薬)
レバイデンG(東邦新薬)
レバラミン(ニプロファーマ)
レバン(日水この薬を含む複合剤)
プロヘパール(科研)
ゴスペール・レバー(ニプロジェネファ)

作用

古くから慢性肝疾患に肝臓エキスや肝臓そのものの投与が行われてきましたが、1896年に、ドイツ学派により慢性肝疾患の治療に肝臓の加水分解物の使用が試みられました。
日本では1957年より臨床研究が行われ、その結果慢性肝炎、肝硬変、胆管炎、毛細胆管炎、中毒性肝臓症、アレルギー性肝臓症などに有効であることが認められています。
肝臓の機能を改善し、肝臓を障害する因子から肝臓を保護するため、慢性の肝臓疾患に治療剤として用いられています。
しかし、これにより慢性疾患そのものが治るわけではありません。

副作用

人により、発疹・蕁麻疹などの過敏症状・吐き気・胃部膨満感・頭痛・顔面の火照りなどが起こる可能性があります。

用法・注意点

服用を始めてすぐに効果が出るものではなく、しばらく続ける必要があります。
また、肝臓の病気は薬の服用だけでなく安静と食事療法も重要になるため、症状が酷い場合は安静のために入院が指示されることもあり、加えて重大な病気に進行することもあるため、医師の指導指示をよく守ることが必要になります。

Q.焼酎は二日酔いにならない・なりにくい・しない理由を教えて下さい。

Q.焼酎は二日酔いにならない・なりにくい・しない理由を教えて下さい。



前提:蒸留酒と醸造酒

焼酎は蒸留酒で、「蒸留」という工程を経て出来上がるため、不純物が少なく(純度が高く)、その99%以上が水と一種類のアルコール、エタノールにより構成されています。
蒸留酒の対に当たる醸造酒(清酒やワイン)の場合、原料を発酵させ、アルコール精製を行うため、数種のアルコールが混在しています。

アセトアルデヒド脱水素酵素

二日酔いの言であるアセトアルデヒドを分解するための「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH、アセトアルデヒドデヒドロゲナーゼ)」は、5種類(6種類)存在しています。
そのうちの2型・ALDH2と呼ばれる脱水素酵素は、少量のアセトアルデヒドでも積極的に分解する酵素で、分解のほとんどを行います。
醸造酒では数種のアルコールから別々のアルデヒドが発生し、「多極分散型」で処理されるため、アルコール分解のために長い時間が必要となります。
蒸留酒(焼酎)では、分解対象が一種類しかなく「一極集中型」で、素早く分解されます。

故に、同じアルコール量でも蒸留酒(焼酎)と醸造酒では、蒸留酒である焼酎のほうが早く分解され、アセトアルデヒドが消滅することとなり、焼酎は「二日酔いにならない」のではないですが、「他の酒類に比べて」、「二日酔いしにくい」や「悪酔いしにくい」と言えるでしょう。

Copyright(c) 1982-2013 Hangover Prevention Promotion Conference All Rights Reserved.